カヌー・カヤック

東京運河でお花見カヤック(荒川ロックゲート~大横川~佃支川)

投稿日:2012年4月15日 更新日:


より大きな地図で 2012_0416 荒川ロックゲート~扇橋閘門~佃支川 を表示

江東区運河でお花見カヤック

最近すっかりカヤックご無沙汰のまちこさんと念願のお花見カヤックにいってきました。本当は先週の方が満開でよかったのでしょうが、諸事情(お花見三昧)の為、4/14(土)に予定。しかし雨が降ってしまったので、翌4/15(土)のツーリングとなりました。まちこさんが午後から用事があったので、できるだけ早い時間からスタートです。

荒川ロックゲートの真ん前の広場でフォールディングカヤックを組み立て

この4月から日曜日(※第1日曜と9月は運休)も運転することになった荒川ロックゲートをどうしても通過してみたかったので、営業開始時間の8時45分を目指してアルピナちゃんを組み立てます。東大島駅から徒歩15分くらい、荒川ロックゲートの真ん前が出艇場所です。ちょうど、写真のようにカヤックを組立てやすそうなアスファルト敷きの広場があります。

8時30分くらいにロックゲートの職員さんが見回りに来られたので、これから通過させてもらいますと、ご挨拶。日曜日も営業することになって、めんどくさがられるかと思いきや、とっても感じよく見送ってもらいました。護岸が斜めに荒川に向かってるので、出艇も非常に楽チンです。

荒川ロックゲート(パナマ運河式の閘門)を通過

荒川ロックゲート入り口

ロックゲートの前に浮かぶこと数分。これって呼び鈴かなんかないのかね?カヤックに警笛付いてないよね~。なんてまちこさんと話していると、「これから開けますよー」っとマイクでアナウンスがありました。結構待ったんだけど、その間、カヤックがゲートに向かってけっこう流される。停止線の表示までどんどん近づくんで、あんまり写真撮ったりする余裕なく 笑
おそらくこれは、ゲートの中を荒川の水位に合わせるためにより水位の高い荒川側からの注水作業を行っていたんだと思われます。

あまり被りたくないキレイとは言えない水が滴り落ちるゲートをくぐって(まちこさんはとっさにヤッケの帽子を装着。僕は間に合わんかった)計2.1メートルくらいかな。水面の高さのカウントダウン表示を眺めながら水が抜かれるのを待ちます。そして無事に通過(今度は僕も帽子を装着。濡れても良い帽子必須です。)

旧中川

荒川ロックゲートを通過すればそこは旧中川と小名木川の合流地点。今回は旧中川を北上します。途中、フォールディングカヤックを準備している親子連れの団体さんと軽くご挨拶などしながら、気持ちよく漕ぎ進めます。旧中川はほぼ全域が親水公園化されていて、近くに住んでいる人は羨ましいかぎりです。

途中からは目の前にスカイツリーが。サクラもチラホラ残っていて、天気もいいし、最高です。

北十間川

北十間川は手前の方が工事中エリアです。途中、工事船も浮いていました。日曜日でお休みの為か、誰もいないので、左側を通過しましたが、工事を行っているときは、通過させてもらえるか、微妙だと思います。工事船の向こう側はごらんの通り、綺麗に整備されています。
今回はあまり時間がなかったので、スカイツリーの根元までは行きませんでしたが、次回は近づけるところまで近づいてみたいですね。

横十間川~小名木川~扇橋閘門

スカイツリーに後ろ髪引かれながらも横十間川を南へ。かの有名なクローバー橋のある小名木川との合流地点で、またしてもカヤックの準備をしている人たちが。結構カヤック人口増えてきているのか、桜の季節だからなのか。

扇橋閘門では、荒川ロックゲートとは逆に水位が上昇するアトラクション(観光向けな録音音声+ブクブクと閘門内の水位上昇が楽しめる)で、遊園地みたいな気分を味わえます。

大横川で桜祭り

桜すっかり散ってるかと覚悟していきましたが、なんとかまだ桜祭りが開催できるくらいは残ってました。一本の櫂で操る和船なんかもけっこう出ていて、船頭さんにやお客さんと併走しながら話したり。楽しいひととき。

フェザークラフトな人達ともすれ違いました。やっぱりカッコいいね。

荒れる隅田川~いつもの静かな佃支川

いつもの佃支川に向かおうと隅田川に侵入。まちこさんは初めての隅田川。季節柄、観光船やプレジャーボート、ジェットスキーなんかが入り乱れてのテンヤワンヤの水面は、複雑な波で荒れ狂っておりまして、少々後悔。沈も覚悟しなくちゃならない状況に、ここは子連れは無理だなぁと実感。子供はいませんけども。
子連れの友人と来るときはコースから外します。

佃支川はいつもの通り、静かなものでした。何気なく、いつものハシゴから上陸しようとすると、まちこさんはこんなとこから上陸するのかと、やや心配な様子。いわれてみれば、ハシゴをカヤック片手に引っ張り上げる必要があるわけで、決して上陸しやすいポイントではないのでした。。。潮位が高いときは、ハシゴ以外の場所からでも上れたはず。
ということで、二人以上のツーリングや、片手で引っ張り上げられるカヤックじゃない場合、干潮のときは、佃支川よりも、近くの中の島公園の方が良いかと思います。

オマケ~ご近所さんのお花見に飛び入り参加!~

まちこさんが、次の用事へと向かってしまったので、のんびり一人でお片づけ。ちょうど僕らの上陸地点で、大々的お花見をしている人達の視線を感じながらも。。。

全部の荷物をひとつにまとめ、いざ帰ろうと、バックパックを背負ったところで、ついにお花見のおじ様たちから声がかかり、、、話が盛り上がったので、そのままお花見に合流です 笑

なんでも、築地の大都魚類さんと稲良商店さんのお花見とのこと。当然、肴がうまいです!
カヤックをネタにビール3本と新鮮な魚介類・もちろんマグロなんかを頂きまして、大満足。
今度、築地に行くときは、ぜひ立ち寄らねば。

-カヌー・カヤック
-, , , , , , ,

Copyright© アウトドア モンチョ , 2017 AllRights Reserved.