カヌー・カヤック

カヤックで神田川遡上(柳橋~日本橋~佃支川)

投稿日:2012年3月20日 更新日:


より大きな地図で 2012_0320 神田川遡上~日本橋~佃支川 を表示

■新兵器の新しいiPadを伴って、ひとりカヤック

春だし、あったかいし、はじめてのひとりカヤックに行ってまいりました。
前々から気になっていた神田川の遡上を試みることにして、さて、出発点はGoogleMAPで念入りに上空から調べまして、浅草橋駅近くの隅田川沿いの公園から。

買ったばかりのiPadをナビ代わりにと、往路途中にある新宿でiPad防水ケースを購入しました。約4,000円だけど、これでお風呂でのんびりiPadも楽しめるのでいいか。

アルピナを組み立ててると、自転車でやってきたオジサンが、興味津々。
なんでも昔はヨットをやってて、カヤックにも興味があって、恵比寿のモンベルショップも覗いた事があるっていうので、話が盛り上がり、組み立てを見学されることに。組み上がったら、座ってもらってみたり。都内なら石井スポーツの原宿店(カヤックコーナー閉鎖)に行くと良いよ。とアドバイス。
カヤック人口が増えるといいな。スキー場や山は人でいっぱいだけど、まだまだ水上のフィールドは人がいなくて快適です。
隅田川沿いの公園の一番南側(神田川合流地点側)の端っこでコソコソ組み立て、この柵をカヤック担いで越えます(笑 川に落ちないよう、注意。
くれぐれも自己責任で。上の写真の船は水上警察のものです。その上の建物は隅田川水上派出所。。。

柵を越えたところ。段差があるので注意。でも出艇しやすそうでしょ。
結構、波が高くて、あたふたしてると、向かい岸に派出所から出てきた警察官が!
岸を離れたところで、手招きされたので、観念して応じると、「そこは、ちゃんとした施設じゃないからね、あんまり良くないよ。」と遠まわしに注意される。
「観光船もいるからね、くれぐれも気を付けるように。」と激励?され、いざ出発。
こういうときは笑顔で応じましょう。

■柳橋~秋葉原~御茶ノ水

柳橋周辺は屋形船がたくさん。なんだか良い雰囲気です。
この神田川沿いは明治~昭和初期を舞台にした小説なんかを読んでると、頻繁に地名が出てくるので、はじめて漕ぎ進んでいるのになんだかノスタルジック。

そこから、秋葉原界隈の喧騒になるかと思いきや、旧鉄道博物館があった万世橋付近の赤レンガも良い味出してる。と、歴史ある水路沿いを堪能できます。

途中には、御茶ノ水分水路の出口らしき暗い穴もあったりして。冒険心を掻き立てられますが、この天井の高さはさすがに危険な感じ。

そして聖橋。もう少し手前の東京メトロ丸の内線と一緒にカメラに収めたかったけども、なかなかシャッターチャンスが訪れないので、あきらめることに。しかしこの橋は立派ですね。
途中、清掃船と和やかにすれ違ったりして。

■御茶ノ水分水路

かの有名の御茶ノ水分水路です。運河・暗渠マニア憧れの、航行可能と噂の暗渠です。
※航行用に作られていないので、中は真っ暗とのこと。やめておいた方が良いですよ。

ちょっと中の様子を確認。

3枚目はもっと先まで遡上したところにある第3の入り口(出口?)
中の様子はとにかく真っ暗で、ひとりで入っていくにはちょっと。。。
一応、ヘッドランプと予備のライト持ってきてたけどね。次回にとっておいてやろう。

御茶ノ水分水路については、以下のサイトが詳しいです。
水路をゆく・第二運河(タグ:お茶の水分水路)
ぼくのミステリな備忘ログ(神田川暗渠クルーズ(お茶の水分水路、水道橋分水路)に行ってきました)

■あちこちにある船着場

水道橋を過ぎたところ、後楽園遊園地をバックにナイスな船着場を発見!
壁に何か書いてあるので、よく観察してみると、「市兵衛河岸船着場」って書いてある。どうやら調べてみると、防災用に整備されたみたいですね。
緊急避難に、こっそり出艇に、使えるかも。というわけで、今回の地図にはそんなポイントも細々書き込んでみました。悪用しちゃダメですよ。

■分岐から一路日本橋へ

本当は神田川を行けるとこまで遡上しようと考えていたのだけど、時間もあまりないので、飯田橋手前の分岐から日本橋に向かう。
途中、ジェットの3人組が発生させた波にもまれたり(今回の3人組はすごく紳士的で、僕とすれ違うときは微速まで落としてくれましたが)。ジェットの立てる波は運河の両壁に跳ね返っていつまでも収まらないので、困りますが、まぁ同じ水路で遊ぶもの同士、和やかにやりすごす。

このあたりから、観光船も頻繁に登場します。手を振られたら、振り返しますよ。
橋の上の子供から大声で声かけられたり。子供にはモテモテです。

■日本橋~隅田川~佃支川

日本橋で休憩した後は、隅田川に向かって残りのコースを消化。前回と同じルートなんだけど、今回はひとりなので、あちこち見渡しながら、あそこは上陸しやすそうだ。とか、考えてみたり。実際、霊岸橋あたりからは、どこでも出艇・上陸できそうな場所ばかりで、(ただし、あんまり情緒がないんだけど)この辺に住んでる人が羨ましい限り。

隅田川を越えて、ちっちゃな水門をくぐり、前回(東京運河でカヤック(中の島公園~日本橋~佃支川))と同じ佃支川で上陸。今回はついでにカヤックを洗おうと思っていたので、水を汲みに公衆トイレを探すと、なんと工事中。3月末まで工事ということなんで、4月以降は豪華綺麗なトイレが使えるようになるのかな。カヤックを一人で柵越えさせるのは難儀するけども、落ち着いた雰囲気の佃支川の風景がなかなか良いので、お気に入りのポイントです。

そうそう、今回家を出るときに気がついたんだけど、ゴルフ練習用バッグに2つ折パドルを入れてみるとなんとピッタリ!もう少し大きなバッグなら、まちこさんと2人分のパドルも入るな。今度、ゴルフ用品屋さんに行ってみようっと。

-カヌー・カヤック
-, , , , ,

Copyright© アウトドア モンチョ , 2017 AllRights Reserved.