トレッキング・登山

2013年冬の雲取山へ下見登山

投稿日:2013年1月20日 更新日:

来週、普段登山しない友人を七ツ石小屋に連れて行くかもしれないので、下見登山に行ってきました。先週東京は大雪だったので、登山道の偵察と必要最低限の装備の確認です。

 コースタイム(適当)

2013年1月19日(土)
1030鴨沢バス停/1330堂所/1530ブナ坂/1610奥多摩小屋/1730小雲取山/1800雲取山山頂/
2013年1月20日(日)
1030雲取山山頂/1105奥多摩小屋/1115ブナ坂/1200-1315七ツ石小屋/1500鴨沢バス停

 登山口まで

寝坊して電車に乗り遅れたので、テンション低めに奥多摩駅へ

奥多摩駅

バスはいつもの鴨沢西行きではなく、丹波行きです。さすがに臨時バスは出てないが、バスは満員。駅に到着してすぐにダッシュしたおかげで今日も座れました。

丹波行きのバス

鴨沢到着。奥多摩湖もこの辺りまで来ると凍っております。いよいよ出発。山コンかオフ会みたいな団体と一緒になる。正直うらやましい。

凍った奥多摩湖

登山口~ブナ坂

民家の間を抜けて、一旦山道。結構凍っていて、滑るので、不安になる。
舗装された道(ここまで車で来れる。駐車場有)に出たあと、登山口へ。そこそこ積もっているけど、トレースはしっかりついている。

雲取山登山口

南側斜面は日当たりが良いせいか、雪は解けていて落ち葉道。アイゼン装着しなくてよかった。

雲取山登山道南側斜面

登山道途中の水場は、枯れているかと思ったけど、チョロチョロとなんとか流れていた。
堂所を過ぎたあたりから上は雪に覆われている。スパッツを装着。
七ツ石小屋への分岐のあたり様子。

七ツ石小屋分岐 ブナ坂到着。この時点で15:30。スタートも遅かったし、のんびり登ってしまったので、今日は奥多摩小屋泊まりを決意していたのに、後ろから、もう1本あとのバスで来た方が、若干暗くなるかもしれないけど、頂上まで行こうよっていうんで、せっかくだから、頂上まで行くかと心が揺れる。

冬のブナ坂

小雲取山へ

ブナ坂で遅ればせながらもアイゼン装着(堂所あたりから付けてもよいと思う)。もともと登山口から雪質に問題はなかったんだけど、このあたりから、さらにサラサラキュッキュしていて歩きやすい。巻き道は人が通らないので歩きづらそう。通常のルートを進む。

尾根道

ヘリポートは、日当たりが良いのでだいぶ雪解けてる。
やばい日が暮れそう。

雲取山ヘリポート

心臓破りの小雲取山にとりかかるも、これは完全に日が暮れることを覚悟する。まぁ道は知ってるし、トレースもついているから大丈夫。
このあたりが一番雪深いかも。

小雲取山登山道 日が暮れる。。。日暮れ

小雲取山直下の分岐まで登りきったところで、10人くらいの年配の方々が富田新道側から現れる。どうやら、雲取山荘への巻き道に入ったつもりで、もうひとつ手前の富田新道分岐へ入ったらしく、トレースが無くなったところで間違いに気づき、登り返して来た様だけど、自覚がないみたいで、現在地を山荘への巻き道の途中と思っているらしい。
巻き道の分岐はもう少し先であることと、そもそも巻き道はトレースなさそうなので、山頂経由で山荘に行くように薦める。

そして完全に日没。ヘッドランプを装備。

富士山

山頂にて

すっかり暗くなったなか、山頂に到着。避難小屋は20人前後入ってて、詰めれば僕一人くらいどうにでもなりそうだったけども、ちょっとギスギスした感じ(笑)だったので、じゃあ、外にテント張ります。と脱出。

小屋の屋根に雪が積もっていないことを確認して、軒下にテントを張る。

頂上からの夜景は最高!雪はサラサラパウダースノー。 雪から水を作ったり、ビールを飲んだり。サングリアを飲んだり。。。そして就寝。

雲取山山頂から夜景

夜中に寒くて何度も目が覚める。たまにストーブに火を入れてテントを温めてはもう一度寝るの繰り返し。そんな厳しい寝心地だったせいか、6時15分に目覚ましをかけるも二度寝してしまい、夜明けを見過ごしてしまう。ざんねんむねん。

山頂テント

朝焼け~日の出は見逃したけども、天気は最高!東京は霞んでいるけども富士山はバッチシ!

ところで、夜明け前の気温は-14℃だったとか。誰かが話していました。

冬の石尾根縦走路

頂上へ。例のUSBは見つかりません(笑)

頂上でパチリ

そうそう、山頂トイレは冬の間ウ○コ禁止。ウ○コは雲取山荘へ。おかげで便秘になりました。

七ツ石小屋へ

下りは身体が軽やか。立ち止まる余裕も生まれる。
南側の斜面には結構いろんな鳥がウロウロしていて楽しい。コゲラさんをパチリ。

雲取山のコゲラ来週は登山経験のないメンツを七ツ石小屋まで案内するという、本来の目的を思い出し、小屋番のカッキーにごあいさつ。七ツ石小屋は現在、水場から引っ張ってきているパイプが破損したとかで、臨時にポリタンクで水を汲んできている。水場自体は枯れていない。

七ツ石小屋

今年から、通年営業しているので、冬の間もちょくちょく遊びに来ようと誓う。

ビール(360ml/¥500)を注文し、カッキーと話し込む。感じのよい好青年。名物小屋番になるんだろう。いつまで続けてくれるのかな。しばらくはいるのだろう。

カッキーに別れを告げ、下山。鴨沢バス停まで2時間弱。
鴨沢バス停奥多摩方面時刻表バスが来るまでの間にカップヌードルカレー(リフィル)を初めて食す。説明書読むと、これ電子レンジ使えって書いてある。コッヘル使って湯で戻したけど、問題なし。

長時間の雪道。慣れないアイゼン歩行で今回は疲れた。
けど、冬の雲取山は超オススメ。人も多いし、冬山気分も味わえるし。
天気が良い週末があったら、ちょくちょく登ろうと思う。

関連リンク

 

-トレッキング・登山
-,

Copyright© アウトドア モンチョ , 2017 AllRights Reserved.